閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月19日 メキシコ 縄田俊之

ニカラグア:違法封鎖により死傷者が発生したEl Limón金鉱山で操業再開

2015年10月15日付け業界紙等によると、加B2 Gold社(本社:バンクーバー)は、ニカラグアに保有するEl Limón金鉱山において、本年9月28日からデモ隊による同鉱山及び関連施設へのアクセス道封鎖に伴い操業が一時停止していた件に関し、操業再開した旨を明らかにした。
同デモ隊は、同鉱山の一部少数の従業員や地域コミュニティのメンバー等から構成され、従前にストライキを敢行及び同鉱山での違法封鎖に関与した3名の従業員を同社が解雇したことに対する抗議活動であったが、現実問題としてデモ隊と警察当局とが衝突し、警察官1名が死亡したほか、一般市民8名を含む当局関係者31名が負傷した上、同鉱山における操業の一時停止にまで発展した。
なお、10月9日付け業界紙等によると、同社は、同デモ隊による封鎖行動は違法行為であるほか、今回の封鎖行動が原因となった同鉱山における操業の一時停止により、4百万US$の損失が発生した旨を明らかにした。
また、ニカラグア鉱業会議所(CAMINIC)によると、同鉱山で生産される金はニカラグアの金輸出額の22 %に相当するとともに、同鉱山は400人の雇用を創出していることから、デモ隊に対し暴力行為を早期に終結するよう呼びかけた。

ページトップへ