閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月21日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Radomiro Tomic銅鉱山、専門職監督職組合のストライキが終結

 メディア報道によると、10月8日に始まったRadomiro Tomic銅鉱山(第Ⅱ州)の専門職監督職組合(183名)のストライキが2015年10月20日に終結した。鉱山側提案を組合側が受け入れた。

 妥結内容は、操業成績と消費者物価指数に連動した給与体系の導入、3.0百万ペソ(約4,400 US$)の団体交渉妥結時一時金支給、労働協約有効期間は24ヶ月、となっている。団体交渉妥結時一時金は鉱山側当初提案の2.7百万ペソから11 %増額されたが、前回(2011年10月)の団体交渉で合意された12.9百万ペソから大幅減額となった。

 鉱山を経営するCODELCOは、今回のストライキによる生産への影響について公表していない。

ページトップへ