閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月22日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Sierra Gorda銅―モリブデン鉱山、拡張プロジェクトの建設工事着手は2017年の見込み

 2015年10月22日付けメディア報道によると、Sierra Gorda銅―モリブデン鉱山(第Ⅱ州)は、選鉱処理能力を22万t/日に増強する拡張プロジェクトについて、2017年に建設工事に着手し、2020年中の完成を目ざしている模様。完成後の年間生産能力は銅:22万t、モリブデン:1.1万tとなり、モリブデン生産鉱山としては世界最大レベルになる。

 Sierra Gorda鉱山は、選鉱処理能力を19万t/日に増強する拡張プロジェクト(第Ⅱ期開発プロジェクト)の環境認可(計画修正に関する環境影響宣言書の承認を含む)を、2012年12月までに承認済みであったが、2015年8月、さらに22万t/日まで増強する拡張プロジェクト(プラントエリア最適化プロジェクト)に関する環境影響宣言書を提出している。

 プラントエリア最適化プロジェクトは2本の送電線、3本の送水管、太陽熱プラント、新規廃さい堆積場などの建設を含むものであり、投資額は約15億US$とされる。酸化鉱開発プロジェクトについてはFS段階にあり、FSは2016年に完成予定とされている。

ページトップへ