閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年10月23日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Tantahuatay鉱山、拡張を計画

 2015年10月19日付け地元紙によると、Coimolache社(地元資本Buenaventura40 %、メキシコベースGrupo Mexico傘下のSouthern Copper社44 %)が操業するTantahuatay鉱山(Cajamarca州)は、拡張を目的とした調査を実施中である。

 同鉱山のHuancaya部長によると、1日の粗鉱処理量を36,000 tから45,000 tへと拡張し、マインライフを2019年から2023年へと延長することが検討されている。同鉱山は2011年に操業を開始し、2013年から規模拡張を目的とした地域コミュニティ対策、環境対策等を実施している。また、同鉱山の生産コストは、開山時の467 US$/ozから、現在323 US$/ozへと改善した。

 同鉱山は露天掘りによる金銀鉱山で、2014年の生産量は金143,643 oz(約4.5 t)、銀754,357 oz(約23 t)。

ページトップへ