閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月27日 シドニー

豪:Newcrest社は死亡災害の影響で金の生産量減、効率も低下(2015/16年:Q1)

 2015年10月20日、金鉱山会社のNewcrest社が2015/16年度の第1四半期(2015年4~6月)の業績を発表。

 当期において豪州NSW州のCadia Ridgeway鉱山及びPNGのHidden Valley鉱山において、各々1名が死亡する事故が発生し、各々11日間、33日間の操業停止に追い込まれたことから、同期の生産量は予測を下回るレベルとなった。

 同期の金の生産量は前期の673,542 oz(20.9 t)から 減少して583,745 oz(18.2 t)であった。通年での生産量の予測は2.4~2.6 moz(75~81 t)。同期の金の生産コスト(All-In Sustaining Cost)は、1,088 A$/oz(791 US$/oz)であり、操業停止の影響により、前年の941 A$/oz(789 US$/oz)から大きく上昇する結果となった。

ページトップへ