閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年10月30日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Las Bambasプロジェクト抗議デモ再開を計画

 2015年10月26日付け地元紙によると、Apurimac州の社会団体「Tambopata区利益保護戦線」のBello代表は、今後数週間以内にLas Bambasプロジェクトに対する抗議デモを実施する計画を明らかにした。

 本決定は、Apurimac州の複数の社会団体指導者70人による総会で行われ、同州のGrau郡、Cotabambas郡、Aymaras郡、Abancay郡の住民らが参加する見通しとなっている。Bello代表は、デモ実施の目的は社会団体による対話協議への参加であるとし、対話協議会が地方政府や自治体政府のみを対象としているのは偏狭だとの考えを示した。

 さらに、社会団体は鉱業反対派だというわけでなく、透明性のある対話の場を望んでいるだけだと主張した。現在のところ、エネルギー鉱山省、環境省等の中央政府機関はこの社会団体の要請に対するコメントはしていない。

ページトップへ