閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2015年11月2日 モスクワ 木原栄治

ロシア:非鉄金属部門動向予測

 2015年10月27日付け地元報道等によると、ロシア経済発展省の社会経済発展予測において、中期的なロシアの非鉄金属生産量に大幅増はないとされている。社会経済発展予測の概要は次のとおり。

 一次アルミニウム生産は2015年に2 %減、2016年及び2017年にそれぞれ2 %増、2018年に1.4 %増が見込まれている。銅生産量にはほぼ変化はない。ニッケル生産は2015年に1.3 %減、2016年に3 %増、2017年及び2018年にそれぞれ1 %増となる。2018年のロシアの非鉄金属生産指数は2014年比で97.6 %となる。

 非鉄金属全体の価格予想では2015年に11.9 %下落し、2016年から若干上昇し、2018年に2015年比で102.3 %となる。

 予測期間全体にわたり投資の停滞が続き、2018年の投資水準は2014年比で98.8 %(基本シナリオの場合)となる。ただし、現在ロシアのアルミニウム部門では大規模な近代化・再編計画が実施されており、部門の長期的発展は同計画の実施効果にかかっている。

ページトップへ