閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年11月6日 リマ 迫田昌敏

ペルー:ケイコ・フジモリ大統領選候補が、鉱山企業とウマラ政権を批判

 2015年10月31日付け地元紙によると、フエルサ・ポプラル党首のケイコ・フジモリ大統領選候補は、10月29日、社会のニーズを無視していると鉱山企業とウマラ政権を批判した。

 同候補はメディアに向け、「政府は企業を味方にして、市民に背を向けた。ウマラ大統領は、アレキパ州とカハマルカ州を見に来るべきだ。投資プロジェクトには、政府、企業、そして社会との調和がなくてはならない。鉱山プロジェクトでは市民の意見は無視された」と述べ、企業のニーズを重視するウマラ政権を厳しく批判した。

 来年に予定されている大統領選では、同候補は、各種世論調査で支持率トップを保っている。

ページトップへ