閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年11月9日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:金属市況低迷がメキシコ大手貴金属鉱業企業に及ぼす影響

 2015年11月5日付け業界紙等によると、金融サービス会社のMonex Casa de Bolsa社のアナリストLaura Villanueva氏は、昨今の金属市況低迷がメキシコ大手貴金属鉱業企業であるPeñoles社及びMinera Frisco社を始めとしたメキシコ貴金属鉱業企業に対し多大な影響を及ぼす中、大手各社は利益を確保するため引き続き操業コストの削減に努めるとの見解を示した。

 同氏によると、Peñoles社及びMinera Frisco社に対する現在の貴金属市況の影響は、操業コストの大幅な下方修正となって現れている。両社に関しては、生産性向上のための様々なプロジェクトを有しており、ある程度の市況価格でも利益を創出することは期待できるが、Minera Frisco社に関しては、米ドルに対するペソ安による為替差損が多大な負債を生んでいることから、為替対策が課題と考えられる。

ページトップへ