閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年11月10日 バンクーバー 山路法宏

米:Orbite社、フライアッシュからの有価元素の抽出技術に関する米国特許を取得

 2015年11月10日、加Orbite Technologies Inc.(Orbite社)は、火力発電所で発生する残渣であるフライアッシュ(fly ash)から、スカンジウムやガリウム、レアアース、その他レアメタル、アルミナ、酸化マグネシウム、二酸化チタン等の有価元素を選択的に抽出・回収する技術について、米国の特許を取得したと発表した。

 米国では年間75百万t以上も生産されているフライアッシュは、環境面や経済面での大きな負担となっており、同社の技術はそれらの負の資産を利用可能な資産に変えられる唯一の現実的な方法となるとアピールしている。

ページトップへ