閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年11月13日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Madre de Dios州の違法鉱業が拡大

 2015年11月6日付け地元紙によると、アマゾン流域保護協会(ACCA)が入手した最新の衛星写真によって、Madre de Dios州の違法鉱業による森林消失面積は拡大し続けていることが明らかになった。衛星写真は9月16日にMadre de Dios州Tambopata国立保護区の緩衝地域内に位置するLa Pampaを撮影したもので、直近の撮影時(7月29日)から違法鉱業エリアがさらに1.5ヘクタール拡大した旨発表した。

 同協会は、2014年8月から2015年7月までの1年間に違法鉱業によって失われた熱帯雨林の面積は725ヘクタールにのぼった旨報告している。

ページトップへ