閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年11月23日 メキシコ 縄田俊之

ニカラグア:加B2Gold社、ニカラグアでの鉱業活動が正常化へ

 2015年11月13日付け業界紙等によると、加B2Gold社(本社:バンクーバー)は、同国に保有するEl Limón金鉱山において本年9月に発生した違法封鎖問題と、La Libertad金鉱山の周辺住民の再移転問題とにより同国での操業に著しく支障を来していたが、各問題が解決した又は解決の方向で進展していることにより、同国での鉱業活動が正常化に向かっている旨を明らかにした。

 El Limón金鉱山の違法封鎖問題に関しては、従前ストライキを敢行した3名の従業員を同社が解雇したことへの抗議のため、同鉱山労働組合の一部組合員等によるデモ隊が、同鉱山及び関連施設へのアクセス道を違法に封鎖した結果、警察当局との衝突により死傷者が発生し、操業が一時停止した。同社によると、10月には操業が再開し、労働組合との間においても平和的な関係を樹立した。

 また、La Libertad金鉱山の周辺住民の再移転問題に関しては、本年末までには解決する見通しである。

ページトップへ