閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年12月3日 北京 森永正裕

中国:中国工業情報化部、レアアース資源総合利用企業に対し特別検査改善作業を展開

 安泰科によれば、中国工業情報化部弁公庁は、「資源総合利用名義によるレアアース製品違法加工への取締に関する通達」(以下通達と略称する)を発布した。

 本通達によると、中国工業情報化部が公安部、国土資源部等7部署とともに「『レアアース違法行為に対する特別取締の実施』に関する文書」を2014年9月30日に公表して以降、関係地方政府で積極的に改善に取り組んだ結果、現在成果を見せ始めているが、「資源総量利用」名義でレアアース製品を違法加工する行為は依然として存在している。

 これに対し、中国工業情報化部は、2015年11~12月の2ヵ月間で、中国南部省(区)のレアアース資源総合利用企業に対し全面的に検査改善を実施することを決定した。本通達では、特別検査改善業務を2段階に分けて実施する。11月1~20日までは、各地方政府の工業主管部門は中国レアアース産業協会とともに企業に対し実地検査を行う。11月21日~12月20日の期間においては、実地検査で明らかとなったレアアース製品違法加工の疑いのある企業に対し取り締まりを行う。

ページトップへ