閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年12月7日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:コスト削減にもかかわらず銀生産企業は苦境にあえぐ

 2015年12月1日付け業界紙等によると、メキシコで活動中の銀生産企業は、本年Q3もコスト削減を推進したにもかかわらず、金属市況の下落・低迷により厳しい操業を強いられている。

 メキシコで活動中の銀生産企業主要10社中8社は、本年Q3における鉱山操業コストとしての全維持コスト(AISC)を前年同期と比べ5 US$/oz又はそれ以上に削減した一方、残り2社は増加する結果となった。AISC削減の主な要因としては、原油価格下落に伴う燃料費の削減とペソ安による為替損益による。また、本年Q3における主要10社のAISCの平均は、前年同期の18.16 US$/ozから21.4 %下がり14.28 US$/ozであった。

 本年Q3におけるAISCが14 US$/oz以下の企業は4社で、加Tahoe Resources社(本社:バンクーバー)が9.72 US$/oz(前年同期:9.62 US$/oz)、加Avino Silver & Gold Mines社(本社:バンクーバー)が11.99 US$/oz(前年同期:13.01 US$/oz)、加Fortuna Silver Mines社(本社:バンクーバー)が13.79 US$/oz(前年同期:11.85 US$/oz)であった。

 一方、本年Q3におけるAISCが14 US$/oz以上の企業は6社で、加Santacruz Silver Mining社(本社:バンクーバー)が17.55 US$/oz(前年同期:23.68 US$/oz)、加Excellon Resources社(本社:トロント)が15.76 US$/oz(前年同期:25.77 US$/oz)、加Endeavour Silver社(本社:バンクーバー)が15.05 US$/oz(前年同期:20.18 US$/oz)、加First Majestic Silver社(本社:バンクーバー)が14.41 US$/oz(前年同期:19.89 US$/oz)、加Pan American Silver社(本社:バンクーバー)が16.29 US$/oz(前年同期:20.08 US$/oz)、米Coeur Mining社(本社:シカゴ)が15.17 US$/oz(前年同期:18.27 US$/oz)であった。

 なお、メキシコ最大の銀生産企業であるFresnillo社は、本年Q3におけるAISCを公表していない。

ページトップへ