閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年12月7日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Freeport Indonesiaに「債務不履行」の危機

 2015年11月24日付地元メディアによると、政府関係者が株式売却に遅れによるデフォルトでPT Freeport Indonesia(PTFI)を圧迫しているという。

 エネルギー鉱物資源省鉱物・石炭総局長Bambang Gatot Ariyono氏は、株式の売却は鉱業事業契約再交渉における義務であり、PTFIは株式オファーの遅れにより、政府から警告を受けたと述べた。同氏はまた、株式売却を規定した政令2010年23号及びその改正令2014年77号には、株式オファーのタイムフレームは規定されていないことを認めた。

 しかし、Bambang総局長はPTFIに、保有株式の10.64 %のオファーをインドネシア政府に対し直ちに行わなければならず、「もし債務を履行しない場合、最初の警告が発せられ、第2の警告では債務不履行により処分を言い渡す」と述べた。

ページトップへ