閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2015年12月8日 シドニー 山下宜範

豪:探鉱費は前期比で増加。金、銀、鉛・亜鉛の探鉱は前年同期比でも増(統計)

 2015年11月30日、豪州統計局(ABS)は2015年9月期(7~9月)の四半期における民間の探鉱支出に係る統計を発表。

 鉱物資源(石油ガス除く)の探鉱への支出額(原数値)は3億9,400万A$であり前期比で15 %増、前年同期比では13 %減。このうちグリーンフィールドにおける探鉱支出は1億1,500万A$であり、前期比で0.9 %増、前年同期比で11 %減。

 ブラウンフィールドにおける探鉱支出は2億7,900万A$であり前期比で21 %増、前年同期比で15 %減。また当期における探鉱の掘削長(原数値)は1,573キロメートルであり、前期比で2 %増、前年同期比で6 %減。このうちグリーンフィールドにおける探鉱の掘削長は341,000メートルであり前期比で22 %減、前年同期比で14 %減。ブラウンフィールドにおける探鉱の掘削長は1,233キロメートルであり、前期比で12 %増、前年同期比で3 %減。

 また当期における金の探鉱支出(原数値)は1億3,370万A$であり前期比で19 %増、前年同期比で49 %増。鉄鉱石の探鉱支出(同)は8,220万A$であり前期比で6 %増、前年同期比で42 %減。

 銅の探鉱支出は3,020万A$であり前期比で7 %増、前年同期比で32 %減。銀、鉛及び亜鉛の探鉱支出は1,640万A$であり前期比で24 %増、前年同期比で25 %増であった。

ページトップへ