閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年12月11日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Tumipampa金プロジェクト、周辺部に銅金斑岩システムを捕捉

 2015年11月11日付け地元紙によると、Dynacor Gold Mines社(本社:カナダ)は、Tumipampa金プロジェクト(Apurimac州)の北東側に銅金斑岩システムを捕捉し、El Potroと名付けたと発表した。地表調査の結果、El Potroは、1.7キロメートル×0.75キロメートルの広がりを持ち、Cu 0.012~0.22 %、Au 0.10~2.51 g/tの品位を示す露頭試料が得られたほか、斑岩システムに伴うスカルンに、Ag、Cu、Mo、Pb、Znの鉱徴も認められるという。

 同社のAlonso Sanchezチーフジオロジストは、「Tumipampa鉱床の高い金銅品位をもたらしたフィーダーシステムの一つを発見したという意味で大変有意義なことだ。また、斑岩鉱体の発見は、この鉱床の地質学的評価に結び付く」とコメントした。

ページトップへ