閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年12月14日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:銀市況下落・低迷がメキシコにおける中小銀生産企業を直撃

 2015年12月9日付け業界紙等によると、銀市況の下落・低迷は、メキシコで操業する銀生産企業に多大な影響を及ぼしており、特に中小規模の銀生産企業においては債務不履行を避けるための資産管理の手立てを喪失する等の危機に直面している。以下に具体例を示す。

◯加Aurcana社(本社:バンクーバー)

本年10月、借入金返済の遅延により債権者であるOrion Mine Finance社との間で事業再編に係る合意に基づき、Queretaro州に保有するLa Negra銀鉱山の所有権を放棄する決定を下した。これにより、Aurcana社は、本年12月に同鉱山の所有権譲渡が完了次第、米国Texas州に保有するShafter銀プロジェクトに集中することとなる。なお、同社の本年Q3の財務状況は、銀市況の下落・低迷により前年同期の0.6百万 US$の純益から1百万 US$の損益へと転落した。

◯英Arian Silver社(本社:ロンドン)

2014年10月にQuintana Resources社との間で締結した協調融資に関し、本年11月に債務不履行の通達を受けたことにより、Zacatecas州に保有するSan José多金属プロジェクトの所有権を放棄することとなった。なお、同社は、Quintana Resources社との契約に基づく新規子会社を通じてメキシコ国内にある他のプロジェクトを継続することとなる。

◯加Santacruz Silver社(本社:バンクーバー)

本年11月、CrediPresto社からの9.5百万US$の新規融資により、債務のリストラを実施する旨を発表した。なお、同社は、San Luis Potosí州にRosario多金属プロジェクト、Sonora州にSan Felipe多金属プロジェクト及びDurango州にGavilanes多金属プロジェクトを保有するほか、最近Zacatecas州にVeta Grande多金属プロジェクトを買収した。

ページトップへ