閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年12月18日 サンティアゴ 山本邦仁

アルゼンチン:鉱業は今後発展が期待できる10業種の一つ

 2015年12月13日付け地元紙は、複数のエコノミストの意見に基づき選定した「今後発展が期待できる10業種」の一つとして鉱業をあげている。チリ国境付近における鉱床賦存ポテンシャル、鉱業投資制度法に基づく租税制度の見直しの実現可能性の増大がその理由とされる。鉱業投資制度法やアルゼンチン・チリ二国間国境鉱業統合条約の起草などの実績のあるDaniel Meilan元鉱業長官が、今般鉱業長官に再任されたことを業界が支持していることや、同長官が、業界で評価の高い人材をスタッフとして登用していることもその背景にある。

 その他の今後発展が期待できる業種としては、小麦、再生エネルギー、石油・天然ガス、銀行業、公共サービス業、観光業、牛肉などが挙げられている。

ページトップへ