閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年12月18日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Arequipa州、反鉱業運動が拡大

 2015年12月13日付け地元紙によると、Arequipa州における反鉱業運動が、Tia Mariaプロジェクトやその実施地域であるTambo渓谷以外の地域にも拡大している。同州のCastilla郡、Caylloma郡では、Zafranalプロジェクト(三菱マテリアル㈱も参加する、カナダベースAQM社主導)やTambomayoプロジェクト(Buenaventura社)に対する反対運動が始まったほか、Camana郡では、Chichas川とOcona川の合流地点におけるダムの建設に対し住民が反対している。

 Caylloma郡Tapay区のLlanquecha区長は、Buenaventura社との対話協議会が住民の希望に沿う結果をもたらさなかったことを理由に、同社に対する抗議デモを計画している旨表明している。

 TambomayoプロジェクトのEIAは既に承認されているが、ダムの建設や環境汚染の可能性等から反対の声が上がっている。Zafranalプロジェクトに関しては、11月27日に予定されていた住民に対するEIAの内容説明会が、反対派によって中止された。

ページトップへ