閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年12月18日 リマ 迫田昌敏

ペルー:環境大臣、違法鉱業取締法の廃止可能性を懸念

 2015年12月15日付け地元紙によると、Pulgar環境大臣は、国会に対して、「Madre de Dios州における違法鉱業取締りの根拠となる唯一の法律」の廃止を提言するグループに騙されるべきでないと訴えた。同大臣は、違法鉱業に利用される燃料や物資の供給を制限する最高政令013-2015及び違法森林伐採への対策を定める法令1220に言及し、これら法令の廃止を提案するMadre de Dios州のOtsuka知事が、国会のエネルギー鉱山委員らと会合を行ったことに懸念を表明した。

ページトップへ