閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年12月21日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Antam、Inalum、Chinalcoが西カリマンタン州にSGAプラントを建設予定

 2015年12月15日地元メディアによると、PT Antam、国営アルミ生産会社PT Indonesia Asahan Aluminum(Inalum)及びChina Aluminum Company(Chinalco)は西カリマンタン州Mempawahにスメルターグレードアルミナ(SGA)のプラント建設を計画している。これら3社は、先週香港において建設計画に関する覚書を締結し、締結式にはインドネシア国営企業大臣Rino Soemarno氏が立ち会った。

 PT Antam取締役社長のTeddy Badrujaman氏は声明において、3社が取り交わした覚書に従い、生産能力、必要投下資金及び株式所有権などの決定を含めた3~6ヶ月間の経済性評価を行うという。プロジェクトに必要な投資額は15~18億US$になる見込み。

 また、国営企業大臣専門スタッフのSahala Lumbangaol氏は、インドネシア側はSGAプラント株式のうち51 %の保有を要望しているとのこと。

ページトップへ