閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年12月23日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:大手銅鉱山会社の2015年第2四半期平均キャッシュコストは前年同期比1.8 %低下

 2015年12月23日付けメディア報道によると、2015年第2四半期の大手銅鉱山会社19社の平均キャッシュコストは、ポンド当たり1.625 US$であった。前年同期(ポンドあたり1.655 US$)に比べ1.8 %下がった。これはCOCHILCOが発表した調査報告書“Observatorio de Costos de la Gran Mineria del Cobre”(大手銅鉱山会社の経費モニタリング)に基づくもの。COCHILCOの分析によると、コスト低下の主な要因は、為替(ペソ安)、エネルギー価格低下、人件費削減の効果とされる。

 調査結果報告は2015年6月時点までの情報に基づくものであり、鉱山会社が積極的に人員削減を実施しはじめた7月以降の状況については今後の調査報告書に反映されることとなる。

ページトップへ