閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月1日

中国:2016年度レアアース採掘総量規制指標(第1回)を通達

 現地報道によれば、中国国土資源部は4日、ウェブサイトで「2016年レアアース、タングステンの採掘総量規制指標(第1回)の公表に関する通達」を発表した。
 レアアース鉱石(レアアース酸化物REO)採掘総量規制指標を5万2,500 t、そのうち、イオン型希土類鉱石(中・重希土が主要対象)の採掘指標を8,950 t、岩鉱型軽希土類鉱石指標を4万3,550 tとした。「通知」はこれらの指標を省別に割り当てている。
 2016年度第1回のレアアース鉱石は9省区により採掘される、そのうち岩鉱型軽希土の採掘指標を採掘総量の83 %を占める4万3,550 tと設定した。内モンゴルの採掘指標は2万9,750 tであり、これは包頭鉄鋼(集団)有限責任公司により採掘される。山東の採掘指標を1,300 tとし、これは山東微山湖レアアース有限公司(中国アルミ業公司の傘下)により採掘される。四川省の採掘指標を1万2,500 tと設定した。
 イオン型希土類(中・重希土)の採掘指標を8,950 tとした。そのうち福建省に1,000 t、江西省に4,500 t(贛州希土集団有限公司の傘下贛州希土鉱業有限公司に3,990 t配分)、湖南省に1,000 t(中国五鉱集団公司の傘下五鉱希土江華有限公司により採掘)、広東省に1,100 t、広西省に1,250 tを配分する。そのうち中国アルミ広西有色崇左希土開発有限公司(中国アルミ業公司の傘下)に500 tを配分し、雲南省に100 tを配分する。
 今回発表した規制指標は、中国五鉱集団公司、中国アルミ業公司、包頭鉄鋼(集団)有限責任公司、贛州希土集団有限公司等の希土大集団に明らかに影響がある。他にリストアップされていない厦門タングステン業株式有限公司と広東希土集団所在地である福建省と広東省に対しともに採掘指標が配分された。レアアース採掘総量規制指標は大手集団6社に対し配分を行い、国内のレアアース資源統合の加速、違法採掘への取締、市場秩序の規範化に重要な効果がある。

順番 省(区) レアアース酸化物(REO,t)
岩鉱型希土(軽) イオン型希土
(中・重希土が主要対象)
1 内モンゴル 29,750  
内訳:包頭鉄鋼(集団)有限責任公司 29,750  
2 福建   1,000
3 江西   4,500
内訳:贛州希土鉱業有限公司(贛州希土集団有限公司)   3,990
その他   510
4 山東 1,300  
内訳:山東微山湖レアアース有限公司(中国アルミ業公司) 1,300  
5 湖南   1,000
内訳:五鉱希土江華有限公司(中国五鉱集団公司)   1,000
6 広東   1,100
7 広西   1,250
内訳:中アルミ広西有色崇左希土開発有限公司(中国アルミ業公司)   500
その他   750
8 四川 12,500  
9 雲南   100
合計 43,550 8,950
総計 52,500
ページトップへ