閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月11日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:環境保護連邦検察庁、鉱山施設1,130か所に対する環境監査を終了

 2016年1月4日付け業界紙等によると、環境保護連邦検察庁(PROFEPA)は、メキシコ国内の1,130か所の鉱山施設に対し環境法令に関する遵守状況を確認するため、これら施設に対する立入検査を含む環境監査を実施した旨を報告した。

 PROFEPAによると、本監査の結果、法令違反が判明した71か所の施設に対し一時的な操業停止命令を科すとともに、総額44.3百万ペソ(2.55百万US$)の罰金を命じた。また、現時点において環境に対し悪影響を及ぼす程ではないものの、軽微な法令違反が判明した658か所の施設に対しては、是正措置を命じた。なお、残り4か所の施設に対する監査も今後実施する計画である。

ページトップへ