閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月11日 メキシコ 縄田俊之

ホンジュラス:2015年Q3における鉱業・採石業部門のGDPが同年Q2に引き続き下落

 2016年1月5日付け業界紙等によると、ホンジュラス中央銀行は、2015年Q3における鉱業・採石業部門のGDP成長率が、2011年以来の金・銀市況下落・低迷の影響により、前年同期と比べ4.8 %の下落となった旨を報告した。

 同銀行によると、鉱業・採石業部門の2015年Q3におけるGDP成長率に関しては、2015年Q2の対前年同期比14 %下落に引き続き下落する結果となった。一方、同銀行のJesús Bautista頭取は、同部門に関し2016年は3.6 %程度の成長が見込まれるとの見解を示した。

 なお、加Aura Minerals社(本社:トロント)が保有する同国最大の金生産量を誇るSun Andres金鉱山に関し、地元住民による抗議活動が施設等に対する破壊行為に及んだため、鉱山労働者の安全確保の観点から同鉱山の操業を2015年11~12月にかけて一時停止していたことから、本件が同国の2015年Q4における生産量に影響を与えるものと推察される。

ページトップへ