閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月11日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:21の鉱山会社が修正鉱業契約を締結

 2015年12月23日付地元メディアによると、インドネシア政府は12件の石炭鉱業事業契約(PKP2B)を含む21件の修正鉱業事業契約(COW)を締結した。

 エネルギー鉱物資源省鉱物・石炭総局長Bambang Gatot Ariyono氏によると、この修正契約締結により、納税額と税外収入の増加が見込まれ、特にPKP2Bでは15~20 %の国庫収入増加になるという。

 【今回修正COWを締結した9つの鉱山会社は以下の通り】

①PT Karimun Granit(Riau諸島州、花崗岩)

②PT Paragon Perdana Mining(Lampung州、ゼオライト)

③PT Meares Soputan(North Sulawesi州、金及び銀)

④PT Irian Mutiara Idenberg(Papua州、金)

⑤PT Iriana Mutiara Mining(Papua州、ニッケル及びコバルト)

⑥PT Tambang Mas Sangihe(North Sulawesi州、金)

⑦PT Tambang Tondano Nusajaya(North Sulawesi州、金及び銀)

⑧PT Sorikmas Mining(North Sumatra州、金)

⑨PT Gorontalo Sejahtera(Gorontalo州・North Sulawesi州・Central Sulawesi州、金)

ページトップへ