閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月13日 バンクーバー 山路法宏

米:EPA、Pebbleプロジェクトに対する拒否権行使プロセスの適正性を主張

 加Northern Dynasty Minerals Ltd.(Northern Dynasty社)の子会社Pebble Limited Partnership(PLP社)がAK州南西部で開発を計画しているPebble銅・金プロジェクトに関して、水質浄化法第404条に基づく連邦環境保護庁(EPA)による拒否権発動の是非が議論されている問題で、EPAは2016年1月13日、17か月におよぶ監察官の独立した徹底調査の結果、Pebbleプロジェクトの開発を実質的に休止に追い込んでいるBristol湾の流域に関するEPAの科学的調査や公開プロセスは、法規制や政策等に則っていると結論付けられたことを明らかにした。

 一方、Northern Dynasty社及びPLP社は、EPAが依然としてPebbleプロジェクトに関する自身の違法行為の深刻度を過小評価していると非難している。

ページトップへ