閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月18日 北京 森永正裕

中国:2015年1~11月のレアアース塩類の輸出量は前年同期比8.5 %減

 安泰科によれば、中国税関の統計データにおいて、中国の1~11月のレアアース塩類の輸出量は合計5,962 t、前年同期の6,518.7 tと比べ8.5 %減少した。そのうち11月のレアアース塩類の輸出量は904 t、前月比4 %減、同月の輸出額は228万US$、前月比14 %増加した。

 2015年1~11月、中国はレアアース塩類として主に炭酸セリウム(輸出総量の69.3 %)、炭酸ランタン(輸出総量の15.4 %)を輸出している。そのうち日本への輸出量は3,509 t、輸出総量の59 %を占めている。米国への輸出量は943.6 t、輸出総量の15.8 %を占めている。ヨーロッパへの輸出量は822.8 t、輸出総量の13.8 %を占めている。そのうちドイツへの輸出量は438 t、フランスへの輸出量は101 t、イタリアへの輸出量は192 t、オランダへの輸出量は32.5 tであった。

ページトップへ