閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年1月22日 リマ 迫田昌敏

ペルー:中国向けに輸出された銅精鉱に基準値を超えるヒ素を含有か

 2016年1月15日付け地元紙によると、業界専門誌Metal Bulletinは、独自調査の結果、昨年度リマのカヤオ港から中国向けに輸出された銅精鉱のコンテナ40個(約50百万US$相当)のうち8個について、中国の法的基準値の0.5 %を超えるヒ素が含まれていたと報告した。

 このうち、ある鉱山企業1社のコンテナ4個には、同基準値の15倍を上回る8 %のヒ素が含まれていたとしている。また、国税庁(SUNAT)によれば、他社の銅精鉱コンテナ4個も0.52~0.78 %のヒ素を含有していたと引用している。同誌によると、通常ヒ素の濃度は税関申告書には記録されない。

ページトップへ