閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2016年1月25日 シドニー 矢島太郎

豪:Consolidated Minerals社、WA州Woodie Woodieマンガン鉱山の操業を休止

 2016年1月22日、資源企業Consolidated Minerals社は、自社の保有するWA州Woodie Woodieマンガン鉱山の操業を休止することを発表した。

 同社はコスト削減に取り組んだものの、マンガン価格の急激な落ち込みにより経済性が得られなくなったため、やむなく操業を休止すると説明している。マンガン価格は2015年1月に4.00 US$/t以上であったが、2016年1月に1.80 US$/tまで下落している。同鉱山の操業は2016年2月2日までとなり、380名の従業員が解雇される予定となっている。同鉱山の休止中は同社の従業員数は約30名程度となる。同社は同鉱山にストックされたマンガン鉱石はマンガン価格の回復を待って売却する方針である。

 マンガン価格の下落により、2015年12月にNT準州のBootu Creek鉱山の操業を休止させたOM Holdings社のオーストラリア子会社OM(Manganese)社が1月5日に破たんした。さらに、1月25日にはオーストラリアのShaw River Resources社がナミビアに保有するOtjozondu鉱山の操業を休止したことも報じられている。

ページトップへ