閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月29日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Fujimori大統領候補、鉱業プロジェクト周辺地域住民を株主とする案を提示

 2016年1月13日付け地元紙によると、Fujimori大統領候補は、大規模・中規模鉱業プロジェクトの周辺地域住民がプロジェクトの株主とすることを提案した。本提案について同氏は「地域コミュニティの株式による権益参加を可能とする法制度を整備したい」と述べた。

 鉱業地域コミュニティによる権益参加については、現政権も類似の提案を行っているが、現在のところ進展は見られていない。さらにFujimori候補は、小規模鉱業に関する法律改正を行い、沿岸地方、山岳地方、熱帯雨林地方等の地域性に即した法規を策定する考えを示した。

ページトップへ