閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年1月29日 リマ 迫田昌敏

ペルー:2015年12月鉱産物生産量

 2016年1月25日付けエネルギー鉱山省発表によると、ペルーの2015年12月の鉱産物生産量は、前年同月比で銅63.5 %、鉄鉱石40.8 %、銀19.1 %、鉛14.6 %、モリブデン22.8 %増加した一方、亜鉛-2.0 %、金-7.8 %、錫-23.2 %と減少した。

 この結果、2015年間鉱産物生産量は、錫を除く各主要金属で大幅な増産を記録した。

 銅生産量は、前年比23.5 %増の170万t超と過去最高を記録した。Toromocho鉱山やConstancia鉱山などがフル操業に至ったことや、高品位エリアを採掘したAntamina鉱山、拡張されたMilpo社のCerro Lindo鉱山やEl Brocal社のColquijirca鉱山の貢献が大きいと鉱山総局担当者は語った。生産量第1位企業は、Antamina(41.2万t)、同第2位は、Southern Peru Copper社(合計32.2万t)、同第3位は、Cerro Verde(25.6万t)だった。

ページトップへ