閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年2月1日 モスクワ 木原栄治

ロシア:2016~2017年に金年産300 tに達する可能性

 2015年12月30日付け地元報道等によると、ロシアの金年産量は2016~2017年に300 tに達する可能性がある旨をRosgeologia社のパノフCEOが述べた。

 実質埋蔵量は5,600 tで、年産300 tとして20年分ある。資源量ポテンシャル(P1+P2 – 1万6,500 t、P3 – 2万3,600 t)から見て、大規模・超大規模な金鉱床が北東、極東、ヤクーチア、シベリア南部のアクセス困難な地域で予想されており、Rosgeologia社が探査に力を入れている。

 ロシアの金生産量は2014年が13.7 %増の288.5 t、2015年は最大で291 tとなる見込みである。

ページトップへ