閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2016年2月8日 シドニー 矢島太郎

豪:BHP Billiton、Nickel Westへのニッケル鉱石供給量減少に伴い鉱石輸入量を増加

 2016年2月1日、BHP Billiton (BHPB)はWA州Nickel WestのKambalda選鉱場とKalgoorlie製錬所へのニッケル鉱石の供給量が減少しているため、ニッケル鉱石の輸入量を増やしていることを地元紙が報じた。

 BHPBは自社のMt Keith鉱山、Cliffs鉱山及びLeinster鉱山からのニッケル鉱石に加え、周辺に位置する他社のニッケル鉱山の鉱石を同選鉱場・製錬所で処理しているが、他社からの鉱石供給に大きく依存している。

 ニッケル価格の低迷により、Panoramic Resources社のLanfranchiニッケル鉱山が2015年9月に、2016年1月にはMincor社がニッケル鉱山の操業を休止し、さらにIndependence Group社もニッケル鉱石の生産量を削減しているため、BHPBは同選鉱場・製錬所の操業を継続するために必要なニッケル鉱石を十分確保できず、ニッケル鉱石の輸入を増やさざるをえない状況となっている。

 BHPBの発表によると、Nickel Westのニッケル生産量が2015年下期は37,300 tと前年同期から23 %減少している。

ページトップへ