閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年2月9日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Freeport McMoRanが製錬所建設保証金の納付減額あるいは延期を要求

 2016年2月2日付地元メディアによると、Freeport McMoRan(Freeport社)は、インドネシア政府に対して、輸出許可延長を取得するための製錬所建設保証金5億3千万US$の減額を要求しているという。

 Sudirmanエネルギー鉱物資源大臣は、「Freeport社は政府に対して保証金の減額か納付延期を申し入れてきたが、我々はそれと同等の建設へのコミットメントを示すことを要求した」と述べた。

 Freeport社の子会社PT Freeport Indonesia(PTFI)は、6か月間の精鉱輸出許可を得るために、2015年7月にインドネシア政府に対して8千万US$を建設保証金として納付している。しかし、同国政府は次期6ヶ月の輸出許可取得のために、5億3千万US$の保証金の追加を要求している。PTFIのコメントはまだ出されていない。

 PTFIは、インドネシア極東部のパプアにおいてGrasberg銅鉱山を操業しており、銅鉱石を約20万t/日生産している。Freeportの6か月輸出許可は、インドネシア政府との保証金に関する議論が暗礁に乗り上げた最中の1月28日に期限を迎えた。

ページトップへ