閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年2月12日 リマ 迫田昌敏

ペルー:2015年の国内新規鉱業権付与数は前年比5 %減

 2016年2月、INGEMMET発表によると、2015年の国内新規鉱業権付与数は前年(2,616件)比5 %減の2,485件となり、2012年実績(4,376件)、2013年実績(3,722件)と減少傾向が止まらない。ただし、2015年10~12月は、森林と野生生物法の規則に従い、SERNAP、OEFA、OSINFOR等諸機関への手続きが必要になったため、新規付与がなかった。

 企業別第1位は、Newmont Peru SRL(302件、240,336ヘクタール)、第2位Frensillo Perú SAC(121件、76,883ヘクタール)、第3位Barrick Misquichilca SA(107件、62,918ヘクタール)と続く。

 INGEMETは、国内の約85 %の鉱業権付与に関与し、残りは地方自治体が行っている。

ページトップへ