閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年2月15日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:PT Freeport Indonesia、輸出許可及び輸出割当増量を獲得

 2016年2月10日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省(MEMR)はPT Freeport Indonesia(PTFI)に輸出許可を得るための推薦状を発行したという。

 輸出推薦状は、同社が商業省から6か月間の輸出許可を獲得するために必要とされているものであり、先の輸出許可は1月28日に失効していた。MEMRはまた、PTFIから要求されていた銅精鉱輸出割当増加も同様に承認した。MEMR鉱物石炭総局長のBambang Gatot Ariyono氏によると、推薦状はPTFIが5 %輸出税の支払いに同意したためとのこと。

 MEMRは以前、PTFIに推薦状発行の条件として、5億3千万US$の預託保証金の納付を、東ジャワ州Gresikでの製錬所建設に対するコミットメントとして要求していた。

 PTFIとの交渉の結果、インドネシア政府は長引くコモディティ価格低迷による同社のファイナンス悪化を理解し、納付義務を取り下げることにした。

ページトップへ