閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年2月22日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:Vale、2015年鉄鉱石生産量は前年比4.3 %増の346百万t

 2016年2月18日付けValeの2015年第4四半期生産レポートによると、2015年の鉄鉱石生産量は、前年比4.3 %増の346百万tであった。JV事業を除く同社単独事業の生産量としては、333百万t。主な内訳は、同社最大の鉄鉱石鉱山であるCarajas鉱山が130百万t(前年比8.3 %増)で、過去最大の生産量を記録した。南西システム(Itabira鉱山、Minas Centrais鉱山、Mariana鉱山)の生産量は113百万t(同4.8 %増)であった。

 ブラジルの銅生産量は259,600 t(前年比24.7 %増)で、内訳は、Sossego鉱山:104,200 t(同5.3 %減)、Salobo鉱山:155,400 t(同58.2 %増)である。Sossego鉱山では粉砕・磨鉱プラントの補修工事が影響した。Slobo鉱山ではSaloboⅡプロジェクト(追加選鉱プラント)のランプアップが順調に進展し、第4四半期にほぼフル操業状態に移行した。

 Onça Pumaニッケル鉱山の生産量は24,400 tで、前年比13.9 %増となった。

ページトップへ