閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2016年2月22日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:PT Timahが新しい錫鉱業コンセッションを模索

 2016年2月16日付地元メディアによると、国営鉱山公社PT Timah Tbk(PT Timah)はバンカ・ブリトゥン州以外での錫の鉱業コンセッションを探しているという。同州政府によって、Kelabat沖合での操業を中断させられていることに起因している。2016年2月14日にPT Timah取締役Agung Nugroho氏が同計画を明らかにしたが、詳細については明かさなかった。

 バンカ・ブリトゥン州政府は、漁業関係者及びNGOからの抗議により、PT TimahによるKelabat沖合での錫採掘操業を2016年1月27日から中断させている。漁業関係者及びNGOは、採掘作業により当該地域の海洋環境に損害を与えていると主張している。

 PT Timahは操業中断に対し、沿岸域操業に対する抗議を行っている者は漁業関係者の一部にすぎないと、抗議を行っている。同社はまた、地方政府は非合法な採掘者の取締りに注力するべきであると主張している。

 PT Timahは、沖合採掘が同社錫生産量の70 %を占め、内10 %はKelabatからの生産によるものである。このため、このような動きが他の操業に影響を与えることを恐れている。

ページトップへ