閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年2月25日 バンクーバー 山路法宏

加:BC州政府、規制監督権限強化のための鉱業法改正案を提出

 2016年2月25日、BC州政府は、同州鉱業界に対する州政府の規制監督権限の強化を目的とした鉱業法改正案を提出したと発表した。

 エネルギー鉱山省による同法の順守及び施行機能の強化のため、改正案では新たに違反者に対して裁判所を介さずに課徴金を課すことができる権限が盛り込まれている。こうした罰則は他の省庁では効果的なツールとして既に導入されているが、鉱業に関するツールは、現在のところ許認可の取り消しによる鉱山の閉鎖や操業停止命令、または起訴に限定されており、同改正は、Mount Polley鉱山廃さいダム決壊に関する独立パネルや監査官による26の提言を実行するための取り組みの一部であるとしている。

 また、鉱業法上の刑罰も10万C$および最大1年の禁固刑から、100万C$および最大3年の禁固刑へと重罰化されている。

ページトップへ