閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年2月29日 ロンドン 竹下聡美

DRコンゴ:Ivanhoe Mines、Kamoa銅プロジェクトのプレ FS結果を発表

 Ivanhoe Mines社は2016年2月23日付で中国紫金鉱業集団とのJV事業で進めているDRコンゴのKamoa銅プロジェクトのプレFS結果を発表した。

 それによれば、坑内採掘鉱山及び選鉱場の建設を前提とし、銅品位平均3.86 %、鉱石年産量300万tで、銅生産量は年産10万tとなる見込で、マインライフは24年以上になるとしている。初期資本コストは、12億US$で、マインサイトでの平均キャッシュコストは0.75 US$/lb、税引き後NPVは8 %のディスカウントレートを採用して9.86億US$となる見通し。また税引き後IRRについては17.2 %で回収期間は4.6年としている。

 同社CEOのFriedland氏は、今回の調査結果について、銅価格の幅広い範囲での頑強さを示すもので、調査結果にはまだ生産性等の改善の余地を残しており、FS調査に移行する、と発言している。

ページトップへ