閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年3月1日 シドニー 山下宜範

豪:South32社、損失が発生するも負債は削減。今後は銅などの投資に関心

 2016年2月25日、South32社は2015/16年度の上半期の決算を発表。

 収益は29億8,100万US$、基礎的利益(underlying earnings)は2,600万US$となったが、減損処理等の後では17億4,900万US$の損失を計上した。減損処理は豪州のマンガン事業、南アフリカの一般炭事業等について行われた。また配当は実施しないこととした。純負債は前期末から2億8,600万US$を削減して1億1,600万US$とした。

 地元紙は、South32社の負債が比較的少ないことから、同社は資産買収を進めることが出来る企業の一つであるとしている。同社のGraham Kerr CEOは、需給のファンダメンタルを鑑みれば、銅は投資対象として最も魅力的であるとの従来からの見解を再度述べた。また、リチウムとグラファイトについても魅力的で、またユニークなものであり、コモディティの第二世代、第三世代にもっと目を向けなければならないと述べた。

ページトップへ