閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月4日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Las Bambasプロジェクト地元住民、MMG社に対し抗議

 2016年3月1日付け地元紙によると、Las Bambasプロジェクト(Apurimac州)の地元住民らは、Limaを訪れ、同プロジェクトを実施するMMG社(本社:豪州、中国資本)が、以前プロジェクトを所有していたXstrata社と地元集落が集落の移転と補償に関して取り交わした合意内容を認めていないと訴えた。

 抗議を行っているApurimac州Cotabambas郡FuerabambaコミュニティのTaquiruta集落、Ccollpapugio集落の住民らは、採掘が集落に迫っており、発破による住宅への影響のほか、停電・断水等に見舞われていると訴えた。さらに、同社の所有地に居残っていることを理由に刑事告発を受けたと述べた。

 これに対し同社は、Fuerabambaコミュニティの大部分の住民は合意に基づいて移転済みであり、17家族が移転に賛同せず、移転済みの住民よりも多額の補償金を要求していると説明した。

ページトップへ