閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月7日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:2015年度のPT Valeの利益は70 %減

 2016年2月25日付地元メディアによると、PT Vale Indonesia Tbk(PT Vale)の2015年度の利益が5,050万US$となり、前年の1億7,230万US$と比較して70 %減となったことが明らかとなった。

 PT Valeによると、2015年12月31日時点の当座資産は1億9,480万US$で、2014年同日における3億230万US$より大幅に減少した。2015年末の流動資産には短期投資資金としての9千10万US$を含んでいる。PT Valeの2015年におけるニッケル製品生産は81,177 tとなり、同社生産の最高生産量を記録した。また、同社の第4四半期のニッケルマット生産は、前年同期比で8 %増加した。

 2015年の売上量は2014年と比較して4 %増加したが、ニッケル価格が27 %下落したため、収入は24 %減少することとなった。一方、PT Valeの2015年の売上コストは2014年と比較して8 %減少した。コスト減少の主な理由として、燃料費及び人件費の減少が挙げられている。操業、金融取引及びその他のコストは、2014年との対比でそれぞれ20 %、21 %及び35 %減少した。

 2016年度は、PT Valeはおおよそ80,000 tのニッケルマット生産を計画している。

ページトップへ