閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月9日 バンクーバー 山路法宏

加:PDAC、参加者数が3年連続減少

 世界中から鉱業関係者が集結する世界最大の鉱業大会の1つとして知られる探鉱・開発協会(Prospectors & Developers Association of Canada:PDAC)の2016年年次総会(第84回)が2015年3月6~9日にかけてトロントで開催された。参加者は100を超える国から総勢22,000名以上が参加したが、2015年が23,578名、2014年が25,122名、2013年が30,369名と3年連続の減少となり、鉱業の低迷が続く現状を反映する形となった。

 オープニングセレモニーで講演したJim Carr天然資源大臣は、遠隔地域や先住民族を含めて経済発展や雇用を生む鉱業の重要性を強調すると共に、持続可能な天然資源産業を守るために革新的クリーンテクノロジーへの投資の必要性をはじめとした政府の鉱業に対する主な優先取り組みを強調した。また、大規模資源プロジェクトのレビューに対する暫定的な取り組みや一般参画の重要性、先住民族との新たな関係の構築に対するコミットメント等についても言及した。

ページトップへ