閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月11日 バンクーバー 昆野充登

加:雇用見通しを悪化させる鉱業の低迷

 2016年3月11日付地元報道によれば、鉱業人材協議会(Mining Industry Human Resources Council)により、長引く資源価格の下落が、特に資源依存度の高いAB州、SK州、NB州、NF州を中心に、鉱業部門が雇用見通しの悪化を牽引していることが明らかとなった。

 また、オイル産出地域の設備投資の低下は、他の産業及び他の地域経済へも波及していると指摘している。一方で、雇用情勢は危機的な状況にあるものの、鉱業部門における雇用は経済に敏感に反応する傾向があるため、状況は早晩回復していくとみられている。

ページトップへ