閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年3月14日 サンティアゴ 山本邦仁

アルゼンチン:Veladero金鉱山シアン化合物流出事故でBarrick Gold社関係者の刑事責任審理へ

 2016年3月11日付Barrick Gold社ニュースリリースおよびメディア報道によると、2015年9月に発生したVeladero金鉱山(San Juan州)におけるシアン化合物流出事故に関して、San Juan州Jachal地方裁判所は、同鉱山を操業するBarrick Gold社関係者9名の過失に対して刑罰をあたえる方向で審理を進めている模様。連邦政府裁判所も同様の方針で調査を開始したほか、San Juan州政府は同社に対して9百万US$の罰金支払いを求めることを発表した。

 Veladero鉱山では2015年9月、リーチングパッドと処理プラントを結ぶパイプラインのバルブの故障によりシアン化合物110万リットルが流出。事故発生から1ヵ月内に実施された州鉱業省や国連調査団による調査では周辺河川の汚染は認められないとされた。しかしながら、2016年2月、周辺河川に汚染が認められ、一部では環境基準を超える数値を把握したとする連邦警察の調査結果が発表されたことから、関係者の刑事責任を追及する動きとなったもの。

Veladero金鉱山の2015年の金生産量は18.7t。

ページトップへ