閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月15日 シドニー 山下宜範

豪:PEファンドのKKR、OZ Minerals社の株式を売り抜け

 2016年3月9日、プライベート・エクイティ・ファンドのKKR社が、保有していたOZ Minerals社の10%分の株式を売却したことが明らかになった。OZ Minerals社はSA州においてProminent Hill銅―金鉱山を操業すると共にCarrapateena銅―金鉱山の開発を進めようとしている。

 地元紙によれば、KKR社は2015年10月にOZ Minerals社の株式を10%分にまで買い増して最大の株主となっており、また、KKR社と提携するThorpe Holdings社もOZ Minerals社の5%分の株式を保有して第7番目の株主となっていたが、3月9日に両社が全株式を売却したことが明らかになった。

 2015年10月にKKR社による株式の買い増しが明らかになって以降、OZ Minerals社の株価は67%上昇していた。また、OZ Minerals社は、約2週間前の2月26日に、株主からの要望を踏まえて6,000万A$分の自社株買いを実施することを発表していた。地元紙によれば、KKR社は今回の取引により5,000万A$以上の利益を上げたとしている。

ページトップへ