閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月28日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Sinaloa州鉱業の下落が危機的状況

 2016年3月21日付け業界紙等によると、世界的な金属市況下落・低迷の影響により、2015年におけるSinaloa州の鉄鉱石生産量が対前年比12.5%減の348,242tとなり3年連続の下落となった。

 同州における鉱業生産の落ち込みは、世界的な金属需要の低下に加え、各金属生産国における供給過剰による影響とも見られており、同州鉱業に対する魅力も大幅に落ち込んでいる。経済省の統計によると、同州における外国直接鉱業投資額は、2012年の49百万US$から、2013年の32.4百万US$、2014年の13.4百万US$、2015年の1.2百万US$へと4年連続で減少し、特に2015年の減少は壊滅的であった。

 また、同州の鉱業部門における雇用も減少とするともに、メキシコGDPに占める同州鉱業の割合も低下した。

ページトップへ